畑の忙しい時期です。もっと雨が降ってほしい!

可憐なオクラの花

 

 

5年前くらいだったか、顧問先のジャズ喫茶に突然、JASRACの職員がやってきて、すったもんだのあげく毎月1000円のみかじめ料を払うことになった。要するに音楽(著作権)を使って営業活動をしているから上納金を払えという理屈だ。やくざと同じだね。

チアダンスの講師派遣をしている顧問先の会社も、イベントをやるたびに、チアダンスに使う楽曲をJASRAC様に申請し、それに見合う上納金を払っている。音楽教室やダンス教室まで手を伸ばし、零細企業や個人事業主からも小銭を巻き上げている。税金や社会保険でヒーヒー言ってるのに、民間団体からも何故か収奪される。平民は辛い!

先だっておじさん達で酒を飲みながら古い70年代フォーク特集などを聞いていたら、なにやら最近よく聞く歌が流れるではないか?知らないフォーク歌手なのにとよく聞いてみると、朝ドラでなじみのAKB48の「365日の紙飛行機」ではないか!やるねえ秋元康、パクリだよ~ほとんど同じ。JASRACはこんな盗作許してるの?何が著作権だと言いたい!

何でおまえらに上納金を払わないといけないのか?国民消費者センターは相手してくれないらしい。JASRACは合法組織なのだ~

この子が総選挙でトップだそうですね

 

 

 

 

J