東芝が巨大赤字!

「潰れるのかなあ?」地元の飲食店は心配しています。なにしろ1万人の労働者が東芝府中工場で働いています。

私の住んでいる府中市は戦前からの東芝の城下町です。ラグビーでのライバル、サントリーも府中にありますがまあ、ビール工場はたかが40年くらいの新参者ですし、従事している人数も違います。

2011年の東北震災のときも「東芝は大丈夫かなあ?」という声が、地元の飲み屋では出ていました。福島原発のタービン関係は東芝製でメンテナンス要員もたくさん府中から出張していました。東芝が買収したアメリカのWH社は福島と同じタイプの加圧水型(安全性に疑問があるとされている)の原子炉メーカー。その頃「これから原発は売れなくなるからなあ」と、飲み屋の評論家達は判断していました。それから6年、東芝経営陣は何をしていたのでしょうか?

目先の決算数字のみ追い求め、戦略的な判断をしてこなかったということです。2年前、巨額の決算操作が明るみに出て、慌てて白物家電や医療機器関係を売り飛ばしましたが、この段階で原発部門も売っておけば今回のようなドル箱の半導体を売らなければならない事態に陥いる事はなかったのに。日本を代表する大企業であっても、先例どうりやっていれば安泰という時代ではないのです。無能な経営陣では、すぐに会社が傾いてしまうという典型例です。

府中工場の生産ラインは鉄道車両やエレベーター、各種制御装置とかなので売却はあっても、工場がなくなる事はないでしょうが、ボーナス等が減り、地元飲食店に落ちる金は減るでしょうね~

ラグビーチームだけは維持して欲しいです。ファンなので