滅び行く!教養とか読書階級とか武士は食わねど高楊枝とか

江戸の頃は確かに、身分差別でした!でしたが、たぶん鬱病はありませんでした。日本がまだまだ緑と土の農耕民族だったことと、支配者階級が我慢強く、からえばりしていたからです。

中国3000年以降、読書をする貴族=文化人、武器を持つ野蛮人、それらを支える圧倒的な農民階級。という構図が、崩れ始めています。もちろん中国とアメリカ主導でネット社会、現金主義社会となって、金持ちも貧乏人も安きに流れるようになっています。

昔の教養あるお金持ち階級は、年寄ると目刺と茶漬けで静かに死んでいきました。今は年寄りにはタンパク質「肉」が必要だと(栄養学的には正しいのでしょうが)ばりばり食って長生きしちゃいますので、子供達はますます苦労せざるを得なくなっています。

北朝鮮の馬鹿君に対してトランプも晋三君もしゃべりすぎると思います。ああいう気の小さな男には、どんとした沈黙で押していくべきだと思います。内心あれこれ心配しながらも、じっと我慢の沈黙で押し続ければ、いずれ自滅し始めます。その我慢が出来なくなると日本人も沈んでいくでしょうね、生意気を言いました