わからないですねえ~仮想通貨

海外送金が安く早くできること、現在のネット技術の分散化とセキュリティを上手く使っていること、国籍がないことはわかります。取引所が少ないですが手数料を取っていることもわかります。

わからないのは、今回やり方で分裂した「創業者達」彼らは誰で、どういう利益を上げているのか???

 

今は通貨にとっても大きな転換期になっているのかもしれません。ほんの50年前くらいまでは「金本位制」だったんですよ。大昔、貝殻や巨石や宝石が貨幣として流通し始めてから数千年間、通貨は金銀中心の「物」だったのです。20世紀に入っても、イギリスのポンド紙幣もアメリカのドル紙幣もあくまでも、発行した紙幣と同量の金塊を中央銀行の金庫に用意してあるとしていたのが金本位制。

ドル危機のあと、金本位制を止めてしまったのが仮想通貨の出発点だったのでしょうね。何の裏付けもなくジャブジャブ紙幣を印刷できる社会が、実体経済とは別の仮想経済みたいなものを生み、AIに支配されそうな市場動向での数字上だけの通貨を生み、数字が一人歩きし、我々も振り回され続けることとなってきたわけです。その通貨がビットコインであろうがリップルであろうが財務省造幣局の円であろうが同じようなものなのでしょうね。

 

老いの一種でしょうが、ネットバンキングやバーチャル口座やは遠慮したくなっています。情けないことですが郵便局の窓口が安心でいいなと思うようになってきていますね。

 

友人と立山に登ってきました。残念ながら頂上は雲の中、眺望なしです。

前回行った時より雪渓の雪が多かったような気がします。