先日、おじさんたちの江戸歩きをやりました。深川の吉良邸から高輪の泉岳寺まで赤穂浪士の歩いた道をたどりました。両方に「首洗い井戸」がありましたね。

吉良邸の首洗い井戸泉岳寺の首洗い井戸

テレビ・映画・小説・講談・歌舞伎等での様々な赤穂浪士に関する雑知識をワイワイやりながら泉岳寺まで歩き、浅野内匠頭の墓に享年35とあるので驚きました。もっと若くて、吉良の爺さんにいじめられカッとなって刃傷に及んだと思っていたのです。

35歳といえば江戸期においてはかなり熟年、一番仕事が出来る分別盛りの年齢です。従業員を路頭に迷わすようなことを何で?うつ病だったのかなあ?吉良がどうであれ、殿様失格だよね~