‚”öŽR“ì—ŁA“W–]Š‚©‚ç‚Í’O‘ò‚ÌŽR•À‚Ý高尾山の南稜ハイキングコースから見た津久井湖。(その向こうに富士山が見えます)

今回の凄惨な殺人事件があった津久井やまゆり園はこの津久井湖の近くにあります。

腹立たしい限りですが、「差別解消法」だのというタテマエや制度では決してどうにも出来ない、ヒトラー的な優生思想(生きる力がない人、老人、しょうがい者、落ちこぼれは殺してしまえ!)が日本社会にも暗い底流として存在しているということです。今回の事件を、一人の狂人あるいは麻薬中毒者の犯罪として取り扱ってはいけないと思います。きちんと現代社会の中で、弱者を殺すことを正当化している人々が居るというところに焦点を当ててもらいたいと思います。

高尾山からのダイヤモンド富士高尾山から見たダイヤモンド富士(きれいです!)

私は今、週に二日くらい国立にある知的しょうがい者の支援法人を手伝っています。私の得意な事業計画作成と人事・組織の改革です。そこでいろんな知的しょうがい者と会うようになりました。みな純良でかわいいです。知的しょうがいは、様々な脳障害が原因でIQが一定水準以下の人たちが認定されます。IQというのは相対評価なので、常に国民の何パーセントかは知的しょうがい者と認定されるということです。ですからちゃんとしゃべり、一人で動ける人から身体も障害を持ち、寝たきりの人までいろんな人が居ますが、どこの世界でも当たり前ですが個性や生き方がそれぞれ違い「知的しょうがい者」だからこうだ、とかああだとかは決め付けられないのです。まずは実際の知的しょうがい者と付き合ってみることをいろんな人には提案したいと思っています。