14707147663489除染した土が未処理で残る福島県、安達太良山は標高1700メートル、ロープウェイも使ったラクチン登山でした。

高さの割には山頂部は禿げた荒涼とした風景、活火山なのです。

14707148334423火口は灰白色で大きく、ガスのにおいはありませんが死の雰囲気がありました。

安達太良山という優しい漢字はスキー場開発以降に当てられたようで、昔は阿多多羅山と書いていました。荒涼とした山頂付近には昔の名前が似合います。

「あれが阿多多羅山 あの光るのが阿武隈川・・・」高村光太郎の詩集智恵子抄には統合失調症で「人間商売さらりとやめて、 もう天然の向こうへ行ってしまった智恵子」と智恵子の生まれ故郷を歩く光太郎の哀歌がたくさん詠われています。

そういえば、泊まった岳温泉の老舗旅館、男風呂は「光太郎の湯」女風呂は「智恵子の湯」という名前でした。

高村智恵子が亡くなってから100年近く経ち、劇的に統合失調症の薬は良くなっています。昔は「廃人」といわれるほど、「向こうの世界に行ってしまっていた」精神障害者も一定の起伏はありますが、社会生活を営み人間関係を作ることが出来るようになっています。しかしテロリズムという症状につける薬はないのでしょうか?