皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、年初なので、今年から変わる税金をまとめておきましょう

2015増税まずは月1日からの相続税の増税。それに伴う贈与税の減税措置。

住宅を建てるときの親から子への贈与非課税枠(2014年は500万だった)を750万に増額。(新聞等に記載されるのは非課税枠は省エネ優良住宅の場合の1500万とか1000万とかなので、全て半額としてご理解ください)

結婚、出産、子育て費用に対する贈与の非課税(これもあくまで上限が1000万円)これは4月1日からなので要注意

年寄りの貯金に群がる不動産やと信託銀行!という風景です。(政府と業界のキャンペーンで「なんか贈与しなければいけない、子供に申し訳ない」と考えてしまう、あまりお金持ちでない老人も増えています。贈与なんてあくまでも、老後資金の豊富なお金持ちの考えることだと割り切ってくださいね)

法人税の減税は4月1日開始以降の法人適用なのでBECKは来年2016年10月決算のときにやっと、少し減税になります。

所得税はちびちびと毎年増税です。2015年度は最高税率を45%に引き上げ。来年以降給与所得控除を段階的に減らす。懸案の配偶者控除の廃止は棚上げ状態。

NISAで年寄りと主婦のへそくりを収奪した証券業界!更に非課税枠を120万円、子供名義でも出来るように⇒ただしこれは2016年から。

そのほか軽自動車税増税(4月1日から)やふるさと納税の寄付金控除枠の拡大(減税)も今年から変わります。

20152015年も先が読めない、イスラム国のテロからスーパーの牛乳の値段まで目くばりしないと生きていけない一年になるようです。なるべく健康で、適度に手を抜きながら今年も頑張りましょう。