トシのせいと思うけれど日曜から発熱してしまい、出張が入っていたので点滴を受けて上京しましたが宴席でダウン。

そのまま、東京ではすべてキャンセルしてホテルの部屋でテレビを見て安静の日々でした。やっと普通に戻って札幌に帰りました。

大きなニュースは2つ。北朝鮮の独裁者が血を分けた兄の助命嘆願を許さずクァラルンプール空港で毒殺・・・。なんとも気分の悪いニュースに暗然。

亡くなった金正男という人は、立派な直系でありながら後継指名を受けられなかった人ですが… 独裁者になれそうにない人の好さを感じます。

せめて、彼の暮らしたマカオの写真をアップして好漢を悼みたい。世界遺産セナド広場とポルトガル教会です。

北朝鮮の恐怖政治というのは深刻な問題で、幹部の粛清が年々深刻化。この疑心暗鬼の暗黒大王は次に何をしようとするのか?  本当に怖い話です。

さて、ホテルで見ていたのが清水富美加さんの出家問題。 22歳で出家したいって何かの間違いじゃないの???  うーん、なんだこりゃ。

私の会社も人のマネジメント代行業みたいなものです。芸能プロダクションだとタレントさんで、私たちは建築関係の専門家というだけで実は似ています。

幸福の科学ってあの美人とおカネがやたらに好きな大川ナントカがやっている「宗教版の振り込み詐欺」のことかと思えば少し違和感ありかな。

公称1000万人の会員ということだけど、それなら選挙で当選する人が出てもおかしくない。2016年の参議院選挙での得票数が46万票なわけで。

そんな中で、最近売り出し中の若手女優の出家騒動には驚いた。幸福の科学って誰を幸福にする科学なんだろうね(^^;

芸能プロは数十億ともウワサされる違約金を払う責任が生ずることも確実なわけで、倒産の可能性すら考えられる事件なわけです。

幸福の科学側にしてみると、実は困ったことになったと思っているはず。資産が無いとか稼げない信者の駆け込み寺になりたいと大川氏が考えるわけもないので。

カネが本当に好きな教祖ならば、本人を諭して契約のある仕事だけでもきちんとさせる方向に向かうのではないかと見ていますが。

北朝鮮のデブも大川ナントカも共通しているのは、行動に予測が付かないことなのかも。

デブにはカリスマが無いので恐怖政治になるしかない。大川ナントカは、大言壮語と話術で勝負するよりない。

建築士を派遣していてやはり困るのは様々な理由で工期途中でリタイアする人が出てくることですね…。今の時代みたいに替りがいないと特に大変です。

清水富美加さんの元気な笑顔をもう一度見てみたいなー(^^; 大川センセ、なんとか説得してやってください。そのお上手な話術で頼みます。(^^;