お盆休みも家族と共に過ごすことが出来て無事に終了です。

仕事に戻りましたが、まだまだ休みの延長戦という感じで戻ってこないですね(^^;

さて、バスツアーに参加して南西部にある離島の「奥尻島」に遊んできました。

dscn0453.jpg

dscn0434.jpg

出迎えは、島のキャラである「うにまるくん」ですね。

dscn0436.jpg

島で一番人気スポットである「なべつる岩」。なんと5百万年前から立っているという話にビックリです・・・。自然の織り成す造形の妙には驚くしかありません・・・。

dscn0438.jpg

海に落ちる夕日を見ながら入る温泉も素晴らしかったし・・・島で採れる海鮮料理の数々も素晴らしいの一言・・・。

dsc_0045.jpg

温泉旅館で食べさせていただいた「アワビ付ウニ一杯の夕食」・・・。ウニ好きな私にはパラダイスの島でした。

小さな島なのに、コメも取れるしワインも作っています!!!  (買ってきました) 驚いたのは歴史の古さでしたね。

dscn0452.jpg

この現存する「宮津弁天宮」で1831年の創建です。 江戸時代からこの島は要衝の地として栄えてきていたわけです。

なんと、1741年頃には地震と津波で1500名の犠牲者を出したという記録もあるそうです。 というとは、江戸時代の中期の方が今よりも人口が多かったということか・・・。

北海道南西沖地震で被害が記憶に新しいのですが、この島の山奥からは遠く縄文時代の遺跡が発掘されることでも有名なんだそうです・・・。縄文人でさえ津波を恐れて山の上で暮らしていたということなんでしょうかねー

この夏の楽しい思い出の一つになった奥尻島でした。 ウニや海産物のの好きな人には最高の島ですね。