bangkok-083.jpg

 タイで象さんにモテてる画像・・・って象さんにモテてもなぁ(笑い) 本日は動きの激しい経済話3つです。

最初はTPPで、7月から日本も参加することになります。安倍首相は「国益を最優先にする」という説明でしたが・・・彼の言う「国益」は北海道民や農家が考えるような「国益」ではなさそうです

 安倍首相の考える「国益」は北朝鮮や中国との間での紛争が戦争状態に陥った時にアメリカに助けてもらえるように追随すべきだ、それにはTPPに参加して一次産業くらいは犠牲にしてもいい・・・程度の感覚に見えます。

 アメリカへの自動車の輸出に掛かる関税は据え置きにしたまま(アメリカの言いなり)で「例外なき関税の撤廃」TPPに参加するという話も聞くと、本当にTPP参加が疑問に思えるのは私だけだろうか???

国会では民主党がだらしないので自民党のやりたい放題がまかり通っています。北海道の農家が立ち上がれないほどに荒廃するTPPへの交渉参加にストップを!!!

次に・・・アベノミクスで円安と株高が起こり、一般投資家が証券市場に戻りつつあるとの話・・・。これも実に怪しい話だと思うわけです。

 まず、最初に株を買ったのは誰か? この株高の演出をしたのはアメリカのヘッジファンド。このぺんぺん草も生えないハゲタカファンドの仕掛けに乗せられてはいけないでしょう。

 7月の参議院選までしかこのアベノミクスは持たないと断言するエコノミストも多いので・・・そちらも説得力ありです。

 いま、学者の間に超悲観論と超楽観論が交差しています。一体全体どちらが正しいのか??? 日本は最強だという人もいれば破たんすると言って「逃げなさい」と薦める人もあり・・・。はー

 
 最後に今週のビックリは「金価格の大暴落発生」でした。先週の木曜日まで普通の値動きだった「金価格」がなんと1グラム当たり1千円もの大暴落です!!

1キロのバーで530万円だった金が1日で430万円にまで急落・・・。 中国経済の減速とかいろいろと情報が交差していますが真相は見えていません。わが社もこの際1キロくらい買おうかしらと思案投げ首中・・・。

  bangkok-070.jpg

 ということで最後にタイ料理店「ソンブーンシーフード」で食べた絶品「空芯菜炒め」。  日本人好みの味付けで美味しかったですよー