20130902-001.jpg

 東北の大震災以降、特に民主党政権では夢も希望も持てない時間が長く続いてきましたが・・・ 久々の朗報が日本列島を駆け巡っています。

 東京オリンピック・・・今から半世紀も前に行われた「日本復興記念大会」。あれは昭和39年・・・・日本が戦争で負けて焼野原から立ち上がり、世界に復活を宣言したアジア初の五輪大会でありました。

 そして、2020年に56年という歳月を経てやってくるオリンピックを何と表現すべきでしょうか? やはり、東北大震災からの復興を遂げた姿を世界にお披露目するものであって欲しいと願わずにおれませんね。

 民主党政権時代の東京五輪招致では時の鳩山首相が応援にも立たずに敗れたのに比べて、今回の安倍さんのリーダーシップは見事なものでした(アベノミクスの第四の矢とも言われていますが・・・)

 安倍首相が高らかに宣言した「福島原発の汚染水問題は何の問題もない」というのは世界に安心感を与えたという意味では見事な演出でしたね・・・。

 7年後のオリンピック開催までに廃炉を含めてこの問題が解決していることを心から祈りたいと思っています。

 これで首都圏の老朽化したインフラ整備に加速がつくことは間違いなく、BECKとしても東京営業所の強化が来年度の最大の課題ということになりそうです。