dsc02378.jpg

 眠られぬ夜を過ごす日々というと「不眠症」の再発か業績の悪化か(^^:と勘繰られそうですが・・・ やはり4年に一度のワールドカップサッカーで寝不足が続きます。

 写真は、今年も盛大に咲いた我が家のルビナス。

 コートジボアールとの一戦は、単にひと言で「らしくない戦いぶり」ということでしたね。 世界ランクの差がそのまま出た結果だから仕方がないけれど・・・ 

 本田選手はビッグマウス(大口叩き)という評があるくらいに背伸びしてきた選手だけれど、私は彼の言葉にはとても共感できるものがあります。 

 志しとか夢というものは大きい絵であってほしいし、思い続けていれば必ず実現するものと思います。それに、大志を描かなければ何も得られないのが現実でもあります。

 お金が欲しいとか地位が欲しいとか素晴らしい伴侶が欲しいとか・・・まずは思うことで、それから徐々に具体的にしていくプロセスが人間だけに与えられた特権みたいなものと思うのです。

 夢想することは誰でも出来るけれど、夢を現実にすることは難しいと誰もが思うかもしれません。でもねー 人生は難しいから面白いのではないかなー 

 心に絵を描かない限り、何も達成はできないのですからね。まずはこうありたい自分というものを追い求めて行きたいですね。

 サッカーのゲームも11人のプレーヤーの他に応援する人や監督・コーチに控えの選手も含めて、一つにまとまった時(求めるベクトルが一致した時)に光は見えてくるような気がします。

 最後は技術とかランクの差とかではなく・・・やはり思いを一つにすることが大切な気がしています。会社の経営もまた同じかもしれません・・・。

 次のギリシャとの一戦に、彼らが賭けてきた4年間の思いを表現してくれることを期待したいと思います。ガンバレ!! ニッポンチーム!!