参議院選挙が終わって静かな夏が戻ってまいりました…。

最近になって、立て続けに起こる信じがたい事件の数々・・・特に「京アニ放火事件」での驚愕にはトドメを刺された気分に陥りました。

これは、既に日本が無差別テロを平気で起こす国になってしまったことを意味するのではないかと考えるからです。

ガソリンを大量にばら撒いて火をつける行為・・・34人もの若い才能の芽を摘み取り、多くの若い人を重軽傷させる事件に戦慄を禁じえません。

犯罪行為を未然に防ぐための防犯カメラの数々だけでは、無差別テロにも等しい事件を防ぐこともできないわけで。

今後、こうした重大犯罪が・・・人の集まる公共施設や、大型ショッピングセンター、超高層マンションなどで「模倣犯」が生まれないことを祈るだけです。

「溶けていく我等がニッポン・・・」そんな気分の重さに耐えられないほどの衝撃と、志半ばで倒された多くの方々の無念を思い・・・合掌。

「溶けていくニッポン」といえば、「NHKから国民を守る政党」が参議院で1議席獲得・・・。社民党に迫る獲得票数にアングリです。

「どうせ議席は得られない」と前回は申し上げてましたが、謹んで意見を撤回させていただきます。参りました・・・。

19日から始まったビアガーデン、私も短い夏を楽しみたいと思います。「溶けていくニッポン」の中で、変わらない風物詩は貴重なものかもしれませんね。