1018-034.jpg上海博物館で撮影させてもらった「書」! これ、実はフラッシュ撮影禁止だったのに気付かず撮ってしまいました…。中国の皆さん、いけない日本人でゴメンナサイ。でも素晴らしい字体ですよねー

 さて、いつの間にか格差が拡大している日本になっているようです。格差率(所得の分布分析)で見たら日本はなんとアメリカに次ぐ格差社会とのこと…。国民すべて中流意識にあった時代に育った私としては戸惑うような話です・・・。

 今年のプロ野球日本シリーズはお金持ち球団のジャイアンツに北海道フランチャイズのファイターズの対戦で、当然ファイターズを応援しましたが…ご存知の展開でお金持ち球団の快勝という結果でした。

 人気の低迷するプロ野球ですが、これだけ力の差と選手層の厚さを見せられるといよいよ人気が落ち込むように思います。企業間格差がモロに実力の差として出てしまう訳ですから当然かもしれません…。貧乏球団を応援し続ける身(私はスワローズのファンなので)には各チームの四番バッターとエースをさらってしまう経営手法を見ていると興味も無くなってしまいますね・・・。

 格差の時代に生きるようになったのはいつの頃からでしょうか?  少なくとも小泉改革の相当以前から現象としては現れていたんだろうと思いますね・・・。格差の根源が学歴だった時代から遠く離れて今は情報格差の時代でもあり、情報の価値と活用が時代を生き抜くキーワードなのかもしれません。 

 財源不足の国がたばこ税で増税を考えているようですが、この件についてはもろ手を挙げて大賛成です(笑)

  この際ですから一箱五百円なんて言わずに千円でどうかと思うくらいです。私も長く愛煙家を続けてきましたがこんな身体に悪いものは国民が買えないようにしても良いと思っています…。覚せい剤もタバコも毒物としては大同小異ではないでしょうか?