00011.jpg

 昨日まで東京にいました。日曜日に大学時代の同窓生と空が明るいうちから飲んで騒いで学生気分・・・。

 この写真は私が大学4年の時の学生証でして・・・大学に納付した1年間の納付金が印刷されています。

 今から35年前というと途方もない昔の話ですが、なんと年間納付金が7万8千5百円!!!  よーく見てください、78万5千円ではありません。単位が100円単位ですから今見ても仰天の学費ではありましたね。

 入学金が3万円でしたから4年間で納付した総額が35万円くらいだったと思います。

 こんなに安い大学だったので全国から面白い学生が集まっていました。今回の飲み会も各地から懐かしい顔を見ながら楽しい時間を過ごすことが出来て嬉しかったですね・・・。

 今の大学の平均納付金額が国立で約60万円、私立となると120万円くらいですから今の親というのは大変です。大学への進学率も50%にもなっているわけで、田中真紀子大臣が吠える理由もわからなくはないです。就職力のない大学では淘汰されても仕方がないかもしれませんね。

 北海道を離れて東京にいると大きな刺激を受けることが多いです。今回も講演会を聞いてきたりして刺激を受けてきました。

00031.jpg

00041.jpg

 新装なった新しい東京営業所の事務所風景です。箱は出来たのでこれから魂を入れる作業となります。

 さて、東京で私が考えてきたことはこんなことでした。

 1. 自民党は大勝するだろう・・・ただし、危ない国に住むという覚悟が必要かもしれないこと→ハイパーインフレと戦争・原発

 2. 先進国世界はすべて国家金融危機と破綻に向けて走り出していると思われること→執行猶予2年ではないか?

 3. 中国との小競り合い(軍事衝突)は不可避かもしれないこと→今すぐにどんな形でもいいから共同資源管理で中国と日本のメンツの立つ方法を模索すべきと思う。

 4. 金とプラチナは買っておかないと後悔するかもしれないこと→4800円/金が本日の買入価格。6000円超の予言あり

 5. 建設事業は2015年に曲がり角が来る可能性が高いこと→この国の行方次第だけど。

 今回の総選挙で私の一押しは安倍晋三自民党総裁ではありますが、氏の最近の言動は結構ビビるものがあります。

 日銀がデフレの戦犯であることは間違いないところですが、金融政策だけでデフレが消えるはずもないと思いますから。

 今、先進国世界はヨーロッパもアメリカもカネを刷って刷って刷りまくって国債を買い取って価値を下げる金融政策で一息付いているだけのように思えます。

 いずれこのやり方では強烈な副作用があるはずです・・・

 その時にまた戦争・紛争に巻き込まれる国がある。それが日本ではないという保証はありません。特にアメリカの国債を保持している一番と二番が中国と日本なんです・・・。
 
 日本もカネを刷りまくってインフレを起こして借金を帳消しにするということに乗り出すとどうなるんだろうか???

世代間での不公平問題を解決しないとこの国はやる気のある若い人がいない国になるのではないかと思わずにおれません。

 暴論かもしれませんが、生活保護世帯や65歳以上で働いていない人の投票を0.5票にするとか(すみれ姉さん>ゴメンナサイ)

参議院をいったん解散して、納税者番付の上位100人を無報酬で「貴族院議員」として働かせるとか(笑)

 鳩山由紀夫氏が出馬辞退に追い込まれて、私はチト残念に思いました。

 北海道の選挙民の意思で鳩山氏を落選させる機会が失われたことがですね・・・。彼みたいな人は貴族院議員として空想論を吐いていたらよいのではないかと思う訳です。

 鳩山氏の東大、菅直人の東工大、野田氏の早大。もう時代は学歴ではないし、偏差値でもない。人間力とサバイバル力が求められる時代になったというのが東京にいて痛感させられたことです。

00021.jpg

 写真は東京下町で見つけた「居酒屋・あまのじゃく」。今度寄ってみますね。

0005.jpg

 新小岩駅前の夜景です、ここにもBECKがありました。