dscn0257.jpg

3月も中旬を迎えています。受験のシーズンも終盤で、転勤や異動で慌ただしい季節ですね・・・。

日曜日に、散歩に出掛けたらビックリするような場面に出くわしました・・・。 なんと街の真ん中で、電柱2本がなぎ倒されてました↑ 

もうアングリするしかないような・・・パトカーが道路を封鎖していましたが、この倒された2本の電柱は誰がどのようにやったものなのか??? 根元からポッキリってビックリでした・・・。

倒された電柱の反対側にクルマが停まっていますが、ほんの少しの違いでクルマが潰されるところでしたね・・・。 

これも春の嵐のせいなんでしょうか???

それにしても、何が起こるかわからない世の中です・・・。 先日は、認知症ではないかと思われるドライバーが脇道からいきなり飛び出してきて間一髪のギリギリで衝突回避というのもあり・・・

大学の准教授が教え子を絞殺するとか、常識にない事件が続発し過ぎています・・・。

大人が大人らしさを失い、子供も大人の背中を見失うような世相
になりつつあります・・・。

選挙権を18歳からという法案が通過しそうですが、18歳で選挙権を与えると云うならば、既に時代の役割を終えた「少年法」を改正すべきと思う。

今の少年法というのは、戦後の荒廃期に親を失い庇護者を失って店頭で盗みを繰り返すほかに生きる術を持てなかった子供たちを保護するために作られたものでした。

13歳の子供の命を奪った18歳の「こども」と昔の子供はイコールではないはず・・・。

そうかと思うと、10年も引きこもった40歳が5人も殺害するような事件も起こります・・・。9回も警察に相談して、死人が出ないと事件に出来ない警察力というのも困りものですが・・・。

世の中がどこかギクシャクとしてオカシイ感じになってきました・・・。 大人が大人としての生き方を見せていくしか無いのではないでしょうか。