natsu2.jpg

 札幌の夏景色・・・。青くて広い空と大地に感謝したい気分にさせてくれる季節です。

natsu.jpg

 こういう光景がいつまでも続いて欲しいと願わずにおれないですねー・・・。

 さて、参議院選挙が終わりました。予想通りというか何というか民主党と国民新党の連立与党は完敗という結果を皆さんはどう考えられたでしょうか???   野党暮らしが身に染み付いた人たちが政権党になった訳ですから上手に出来なくて当たり前なんですが、期待が大きかった分だけ幻滅感も大きかったという結論になりますね・・・。

 しかし、この結果が日本国にもたらす国政の停滞を考えたら菅首相は早く衆議院を解散して国民の審判を受ける必要があるのではないかと思います。

 ねじれた国会では何一つ重要な法案も審議も進まない可能性が大きい。そんな党利党略ばかりの政治にはアキアキですね・・・。 15歳から24歳までの若年者人口に占める失業率が10%を超えていることをご存知ですか???

 この若年者人口には進学したり浪人している人の数は含まれていません。あくまでも仕事を探している若い人が分母としてカウントされているのです。私の娘のように就活に失敗して一年間留年しましたという人の数は入っていない中での10%超えというのは想像以上に深刻な数字です・・・。

 もちろん、派遣や契約社員として働いていますという人が分子に入った上での10%超でありますから大変に厳しい数字であることは確かです。

 今回の選挙ではこうした雇用状況の厳しい現実に政策で応えたと言える政党は残念ながら皆無であったと思います。批判するだけなら誰だって出来るでしょう。全てをリセットして「コンクリートは無駄だ」と言うことも簡単でしょう。前政権が全て悪だというのも容易いことです・・・。しかし、仕事を増やさない限り借金は減らないという所を見落としていると思います。

 この国の未来と借金を背負うことになる若い人たちに仕事が無い、稼ぎが無いという暗い現実を直視もせずに消費税上げたら借金が軽くなるなどというアホな話を聞かされる国民は打ち上げ花火程度では誰も踊りはしない賢明な国民でもあるということを示した結果でもあるかなーというのが正直な感想でしたね・・・。