retoro.jpg先日歩いた浅草地下鉄の乗り場近くにある地下商店街です。通称「レトロ通り」、昭和以前の大正時代の香りがしそうな雰囲気ですが・・・浅草って本当に好きな場所なんです。

 さて、いよいよ総選挙が目前に迫りました。明後日の夜には大勢は決しているのでしょうが北海道では民主党全勝なるか?という歴史的な分岐点に立つ選挙となっています。自民党は比例代表で二人が辛うじて当選するという予測です、惜敗率で滑り込むのは五区の町村氏。もう一人は誰が入るのか? というのが北海道選挙区の注目点となっています(予測ですので外れることもあります。悪しからず)

 全国的にも民主党圧勝の流れですが、これは民主が凄いというよりも自民党に対する批判・非難の結果であるという感じです。

 安部さん、福田さんと政権を投げ出して登場した麻生さんも「この程度の人がこの国の総理大臣なのか?」と国民が目を剝いてしまった結果かもしれません。人材の枯渇は北海道選出の中川氏の酩酊会見を見ても国民・選挙民に失望を与えるに十分でしたね。

 「わたしはあなたとは違うんです」と発言した福田さんも苦戦らしいですが(当然でしょうね) マニフェストを見ても自民党のは役人・官僚の作文であるのがミエミエ・・・。政・官・財の癒着構造を作り上げたのは自民党ですが、肝腎の財源が無くなって官の利権だけが蔓延った結果として票も支持も失うことになったということではないでしょうか?

  持論ですが「良識の府 参議院」を世襲議員による「良識の世襲貴族院」に変えたらどうかと思っています(笑) 世襲の人は皆さんが「あなたとは違うんです」ということでもあるし。 お金に不自由しない方々が高いところから意見を述べるのも許してあげましょうよ。

 冗談はともかく、政権交代後の日本がどうなるのか?  期待と不安が交差しますね・・・。

 特に雇用については大きな変化が起こり得ると見ています。特に登録型派遣は原則禁止となるでしょうから次の仕組みに向けての準備が必要です。私の会社は専門技術者の派遣事業なので、出来るヒトで人格も優れている人をマネジメントする企業として派遣社員の正社員化を進めていこうとしています。現場に出ないときでも生活に不安を持たずにスキルを上げる時間を作ることが出来る仕組みを作りたい・・・これが現在の当社の優先課題となっています。