例年になく早い冬を迎えた北国です・・・。秋が長くて暑かったので今年の冬は寒くなるかもしれないですね・・・。

 さて、選挙当日は前からの予定で海外にいるので不在者投票に行ってまいりました。

 自民党の圧勝が噂されていますが、3年を超す民主党政権のお子様ぶりに大人としても堪忍袋の緒が切れたというのが実感です

 もともと、民主党の「たわけたマニュフェスト」の仕掛け人でもあった小沢一郎が仕組んだ「日本未来の党」・・・。今更なにをやろうというのか見てみたら・・・子供が見たって笑うしかないような空想論のオンパレード。 日本国民をバカにしているとしか思えない。

 石原慎太郎が勘違いして党首になった「維新の会」・・・。残念ながら考え方の違う寄り合い所帯と人材の薄さが支持の増えない理由か・・・。地方!地方!と連呼されても所詮は東京目線と大阪目線でホンマモンの地方在住者には響かない話だと思う。

 みんなの党・・・これはこれで存在感もあるし、正しい事を追及しているのは認めたい。ただし、TPPは止めるべきだ。北海道では第三極に票は集まらないと思っています。

 公明党は信者専用の政党だし、共産党も筋金入りの空想家集団。社民党に至っては時代錯誤としか言いようがなく・・・新党改革って何それ???  えっ? まだこれ以上に政党があるの???

ということで、こうしてみたら自民党が勝つのは消去法かもしれませんね。これだけ色々と選択肢が出てきながら実は選択の余地がない選挙というのも珍しいかもしれません・・・

 民主党が大逆転ホームランを打てるとしたら、何だろう??? 無いでしょう。 この3年間の悪夢は忘れられない忌わしい記憶です。

 菅直人、田中真紀子、枝野幸男に仙石由人。こんな連中が議員歳費を喰らうって許しがたい話と思います。1人平均1億円は泣けてきます・・・。

 国民を欺き、騙し、平然とウソで塗り固め、自己弁護を繰り返してきた民主党の愚民たちは神の審判を受け地獄に落ちよ!

 あー 3年間溜まっていた気分を吐いたらすっとしました(笑い)

今週末から海外に出て、これからのBECKの5年計画をじっくりと考えてきます。