sakura-001.jpg

運気の悪かった四月がやっと終わり、月が巡って桜が咲いた札幌です。

景気が悪くても雪が無くなり緑が芽吹きサクラが咲くのを見ますと何か新しい気分にさせてくれるような気がしますね。

sakura-002.jpgsakura-003.jpg

繰り返しますが四月は散々でした…。トドメは、派遣していた技術者が勤務中に酒をあおってフラフラになり派遣現場のトンネルで身柄を確保されたという事件でした。これはもう既に犯罪です、何の弁解も出来ない非常識な話に茫然自失でした。

 自暴自棄という言葉がありますが、育て上げなければならない子供が二人もいて一級建築士の資格を持つ人が何故こんなことをしたのか?  心の闇は窺い知ることもできませんが、これを機に再発防止のための教訓とすべきと考えてアクションプログラムの作成にかかりました。その第一弾として専門の心理カウンセラーとの契約と定期的メンタルクリニックの実施を予定しています。

 技術者さんというのは一様に自分の持つ経験値や技能に対する自信に支えられている存在でもあります。逆に言うとそれしか頼れるものが無いという存在でもあると言えるでしょうか?   そのプライドの高さが今回の事件の一因のように思えますね。

 隔離された現場での疎外感、職場の若者に対する世代ギャップ、派遣労働に対する偏見や被害者意識のようなもの・・・。

 私の会社は、技術力の高い専門有資格者のライフステージ・マネジメントを目的としています。クライアントに喜ばれる安心と信頼のできる技術者の供給を目指してそのマッチングを図る企業ですから、今回の事件は大変に深刻であり重大なことと受け止めています

 事故や被害者が発生しなかったことを不幸中の幸いとして改めて理念の再構築を考えたい連休となりました。