hakodate-008.jpg 

先週、技術者さんが新たに函館で着任することになり函館に行ってきました。函館に降り立った瞬間・・・「イカ臭い街だねー」(笑) 本当にイカと共にある街という感じがしますねー  何故かその函館で「スープカレー」と「ジンギスカン」の店を発見しましてパチリ。

hakodate-007.jpg

当然、函館でも地ビールを飲んでまいりました。一昔前と違ってお客さんが少なくなった感じがして少し寂しいです…。発泡酒の時代ということでしょうか?

hakodate-010.jpg別の店で、揚がったばかりの活イカを調理してもらいます。まだ小さくてなんだか可哀そうでした・・・。

 さて、新聞紙上でもラディアホールディングス(東証一部)の私的整理が報じられています。ラディアとは旧グッドウィルグループの持ち株会社ですね。噂は聞いていましたが直面するのは少し早かった気がします…。

 今回の決算が200億を超す債務超過となり、140億の第三者割当増資を実行したとしても債務超過が解消できないため私的整理の申し立てを行って再建のスキーム作りをしたいというのが出ていました。

 マハラジャで名を挙げた折口氏(元グッドウィル代表)も株を大量に売却したとか優良資産だけを退避させて処理したとか憶測が飛んでいますが、事実上倒産したということに違いはないかと思います。管理社員・技術社員の一律賃下げやら解雇やら、企業統合も含めて手を打ったものの売却先もなく銀行は消極的になり景気は悪く・・・この状態では事業の継続は困難であったことでしょう。

 人材派遣業界というものは大きな転換時期に直面しつつあります。法律を守れない企業や人を大切にしない企業、モラルもモラールもない企業…五万社という膨大な企業数に免許を交付してしまった国の責任も極めて重大と言わざるを得ません。

 前にも申し上げましたが、この業界は決して大きい企業であれば安泰ということではないというのは事実です。今回のラディアホールディングスの倒産劇を見ていて改めて痛感しますね…。

 私たちはヒトを基点にしたヒューマンマネジメントの原点に立ち返って無理せずに、無理を強いずに・・・。ヒトの心を見続ける企業体でありたいと願う日々です。