3年ほど前に血圧が一気に上がって下がらなくなったことがあった。

上が170くらいで下が100を超えていて下がらないわけです。医者に相談して降圧剤を処方してもらって投薬を開始。

投薬を受けているときは130-88程度だから特に体調に異常がない場合は問題が無いのですが…。

これが結構表現が難しいのですが、元気がなくなるというか覇気が無くなるという副作用が嫌でしたね・・・。

降圧剤を使用している人のEDになる確率は相当に高いようです。もちろん、主治医に聞いても「わかりません」としか言いません(^^;

実は、世界の標準からみて日本の高血圧基準というのは異常な数値になっています。

日本での基準は、なんと上が130で下が85未満というものです。アメリカの高血圧基準は上が150未満で下は90未満。

日本の基準だけが何故こんなに厳しい数字なのでしょうか???  調べてみて驚くことが判りました・・・。

1987年の旧厚生労働省の高血圧基準は上がなんと180未満で下が100未満ということになっていたからです

今から30年前の日本では高血圧の患者さんは全国に170万人しか存在しなかったわけです。

基準になる数値を世界でも一番ハードルの高いものに切り替えたことにより、日本ではなんと3000万人にも上る高血圧症患者を作り出したことになります。これは医師会またはクスリの圧力団体の活動の成果といえるでしょう。

治療費は1年間に2兆円という規模になり、クスリの代金に至っては1年間に9千億円という巨大なマーケットに成長させたわけですね。

若い人と年寄りを並べて一律に同じ数値を求めること自体に無理があります。50歳過ぎたら150-90なんて問題にもならない数値でしょう。

去年一年で私も6キログラムのダイエットに成功したこともあり、昨年の秋から独断で薬の服用を止めてみたところ・・・

なんと血圧の数値に変化がありません。今朝も135-92程度となっていました。

血圧を安定させることは、食べ過ぎ・飲み過ぎしないこと。睡眠時間をしっかり取ること。ストレスを溜めないこと。規則正しい生活と適度な運動。

加齢で血圧が上がるのは普通のことと考えて、生活習慣を見直すことがおススメですね。クスリに頼らない生活にしたいものです。