20131114-002.jpg

 雪が降って寒い北国です…。

 昨日は、朝から小腸の内視鏡検査というのをやりまして・・・(大腸や胃に問題が無かったので小腸を調べましょうということになったわけです)

朝早くから何も食べずに、ほとんど裸の状態で検査台に乗って3時間近く過ごしたのが悪かったのか、検査を終えて帰社した途端に左の腰と足に疼痛発生・・・。椅子に座っていられない痛みに苦しみました。

 痛みが引かないので、近くの整骨院の門を叩いて身体を見てもらいました・・・。

 「朝から飲まず食わずで、お腹にバリウム入れての検査が起因の内臓誘発性ぎっくり腰だね」との話にビックリ!!

今まで腰だけは丈夫で長持ちを自負していただけにガックリでした・・・。

 予約も何も入れずに飛び込んできた客に嫌な顔もせずに応対してくれた佐々木英之院長には感謝申し上げます・・・。m(,>,)m

それにしても身体の専門家というのは凄いものと思います。内臓が冷えたのが問題なので温めたら治りますよ、ということで温熱器を身体に巻きつけてマッサージをしてくれただけであっという間に痛みが治まりました。

 しかも、なんと初診は誰でもたったの500円というので二度ビックリ!! これで500円じゃ申し訳ない話です・・・。

 ただし、昨夜から今朝にかけて断続的に痛みが続いているので油断はできませんね・・・。加齢とともに身体が冷えていく状況は誰にでもあることだそうです。特に北海道だとこれからが大変ですねー

 体調の異常というのは本人にしかわからない苦しみでもあります・・・わが社の社員も50代~60代が多く就業されているので体調の維持管理に細心の注意をお願いします。