長野のスキー場に向かう格安のバスツアーで悲劇発生・・・。

多くの若い学生たちが一瞬にして命を落とす大事故が起こりました・・・。

実は、私が恐れている現象があります。それは、心筋梗塞による突然死の多発ということです・・・。

今、日本全国いたるところで不可思議な現象が起きつつあります。突然倒れる人が増えていることですね・・・。

単なる高齢化ならばまだしも・・・・政府もメディアも論じない不都合な仮説があります。

それは、原発性心筋梗塞とも云われる病・・・。

放射線セシウムやストロンチウムという猛毒類は何故か心臓を構成する心筋に吸収されて排出されないんだそうです。

半減期が長いうえに、内部外部からの追加被曝があると心筋に影響を与えるようになるそうです・・・。

チェルノブイリ原発事故で検証されている心臓病の爆発的増加は事故から五年後のことでした・・・。

つまり、日本でも今年が事故から五年の節目を迎える年になるわけです・・・。

心臓病が持病の人もあるかもしれませんが、原発性心筋梗塞は突然やってくる病・・・。

もしも・・・新幹線やJRといった交通機関の運転手にこの突然死が起こったらどうなるのでしょうか????

公共機関で多くの人命の安全を守る義務を持った人々に起こらないことと断言できることは無い訳です・・・。

やっかいなことに、事前に不整脈等の信号も出にくい病気です。ダムがあふれて洪水となるような仕組みであるかららしい・・・。

自己免疫力を上げて室内運動をしっかりやり、暴飲暴食を慎むこと・・・食べて応援というのは正直言って自殺行為かもしれません。

車で移動中に意識を失って大事故になるケースに気を付けてください。あなたの前を走る車かもしれません。

今回の事故が、単なる居眠り運転なのか突然死が起きたのかはまだ不明ですが・・・今年は簡単にバスツアーにも行けない時代になったようです。