夏至を迎えた北国札幌の中心部です。バラが咲き誇り、週末にイベントも予定されているようです。

さて、あなたの体温は何度でしょうか???

手元に体温計のある人は是非計ってみてください。意外なことに気付く人が(私のように)いるかもしれません。

熱っぽいので検温するということが一般的で、平熱の時に検温するケースは滅多にありません。ここに落とし穴がありました・・・。

私の体温は、朝の起き抜けで35度しかなくて驚いたわけです。最も体温が上がるという夕方でさえ35度台の低さに慌てました。

去年の冬は特別に寒く感じられて風邪を何回も引いてしまいましたが、全てはこの「低体温症」に端を発していたことに気が付きました。

身体が35度しかない状況というのは免疫力に大きなダメージとなります。風邪を引きやすく、ガン細胞も叩けなくなる可能性があるわけです。

健康な人の体温は36.5度と言われています。私は約1度も低い体温・・・寒く感じられるわけですよ。身体が異常に冷えてしまったのですから。

現代人は快適な暮らしと引き換えに冷え性となってしまったということかもしれません。

解熱剤はあっても熱を上げる薬が無いというのが不思議ではありますねー

放置すると万病を引き寄せるので、様々な対策を講じ始めたところです。まずは、筋トレ重視による基礎代謝アップ。

有酸素運動ばかりでは代謝は改善しないそうです。筋トレと有酸素運動の組み合わせが大切のようですね。

毎朝食べていた生野菜のサラダは取りやめて温野菜に変えたり、体を温める起き抜けの白湯や温浴後のストレッチなどが良いようです。

体温が1度上がるだけで癌細胞が死滅したケースがあるというくらいに健康と体温は密接な関係があるようです。

このブログを読まれた方は、是非騙されたと思って体温を計ってみてください。36.5度以上あれば健康・・・35度台だと危険信号です。