00200.jpg福田首相の政権投げ出し事件・・・二世議員の先駆者でもありますが「敵前逃亡」の誹りは免れないようですね。

九月に入っていきなり事件が続きますが庶民に少しは夢が欲しい気がします、福田さんでは無理だったでしょうね。次は麻生太郎さん? いきなり積極財政主義者の登場となると小泉改革は元の木阿弥ということになりますか?   政権の形によっては日本売りが加速しかねない感じです・・・元気が欲しいところです。蟹工船ブームとかで共産党復活が取りざたされるのも不思議な現象ですが「世代間摩擦と怒りのパワー」が次の選挙のキーでしょうか?

さて、前回書かせてもらったバナジウム水ですがいよいよ北海道で当社が取り扱うことを考えています。金曜日に上京して商談を予定、考え方が合えば販売代理店を目指した新しい展開を考えていますので注目ください。

バナジウム水を飲み続けて二か月、私の体形に大きな変化はありませんが(苦笑) 健康と環境が二大キーワードの昨今ですからビジネスを展開する上で、お奨めできるアイテムを持って勝負する必要性を感じています。その第一弾としてはまずまずの商品ではないでしょうか? 飲まれた方は皆さん「まろい!」という表現を使ってくれますね。サーバーには冷温の機能が付いていますからお茶を淹れても美味しくいただけるのがgooです。12リットルで1700円+送料315円ですから500mlのボトルに換算すると84円ということになります。

成人病を生活習慣病と呼ぶのだそうですが、これは言い得て妙かもしれません。その代表的な存在の一つが「水」でしょうか。

水道水の問題は、大きく二つに分けられます。一つは配管の古さによる鉛や鉄の溶け出し、他方は塩素・トリハロメタン・硝酸性窒素の問題です。浄水器を使用してこうした重金属や発がん性物質を除去することがどこまで可能かというのはそれぞれの浄水器メーカーの資料に任せますが安全性を追求するのならば相応の投資が必要ということでしょうね。

バナジウム水でメタボが改善できるとは簡単には言えないとは思っています(笑) 運動が一番で食生活二番でしょう。まずは契約と東京事務所開設に上京して参ります。