20130807-002.jpg

 お盆休みをいかがお過ごしでしょうか?  私の盆休みは墓参と旧交の温めと畑の世話で終わりそうです・・・・。

20130807-003.jpg

 20130807-004.jpg

 大通り公園も花壇フェアやビアガーデンで賑わう季節・・・。都心に住みたいなーという気持ちが高まりますねー

 さて、今年も8月15日を過ぎました。 世情は中国と韓国との関係悪化に右傾する日本が気になりりつつあります。

 それもこれも、民主党政権という情けない政権が残した産物と言えるかもしれませんね・・・。 彼らのやった稚拙な外交によって日本国民のプライドに火が付いた格好だからです。

 それにしても、憲法第9条を改憲して日本が武力を行使できる国になることに対して声を大にして反対であると私は思っています。 

 なぜ反対するのか? 簡単です、憲法第九条が正しい人類のあり方を示しているからです、正しいことをやって滅びてしまった国や文明は無いはずです。

 日本という国の姿や位置取りを考えてみても、この国は戦争では守れないでしょう。  原子力発電所をあと2か所でも破壊されたら日本人は世界に流浪する民になるしかないわけですから・・・。

 中国や韓国と仲良くするにはどうしたら良いのだろう???  中国人は特に最近になって自分たちが日本を超えたという思い上がりみたいな気分に踊らされているような気がしています。

 韓国人は、それとは逆に日本に対するコンプレックスが根底にあり・・・日本という国を過大に見ているところがありそうです。

 どちらに対しても譲歩することは無駄ですね・・・。 この3国に共通しているのは、歴史の教科書に載っている内容が国によって違いがありすぎることなので(^^ 永遠の平行線かもしれません。

 これで経済が良くて国民に不満が無ければ問題は起きないのですが・・・中国はバブルが崩壊し、金融システムと独裁制に綻びが出ています。 韓国に至っては完全に経済政策をミスしています。

 自分のところが悪くなると他国を非難するようになるのは歴史が教えているところでもあります。

 私は中国も韓国も好きではありませんが、軍事力によって対抗するということには絶対に反対します。 外交努力とはこのためにあるべきでしょう。

 
20130807-005.jpg

 この季節は庭で採れる野菜に癒される季節です。 日本という四季のある国に住める幸せを・・・永遠のものにしていく知恵が必要であるなぁと思う終戦の日でした。