明けましておめでとうございます、今年も宜しくお付き合いくださいますよう・・・。

昨年の末、思い立って4年ぶりにカンボジアに遊びました。遺跡から昇る朝日や夕日を眺めたくなったのと、女神のレリーフに無性に逢いたくなりまして(笑い)

さて、年が明けて2017年。俗に騒がしいという「酉年」、どんな一年になるのでしょうか??? 

 1. 平和を愛する勢力が席巻する一年になる ・・・これは良いことだと思います、ヒラリー・クリントンが負けたことの意味はここにあります。戦争をしたがる勢力の後退が進み、シリアにもロシア主導の平和が来るでしょう。シリアに平和が来ると難民問題も半分は解決します! 残るはリビアか。

 2. 景気が良くなりそうな一年になる ・・・やはりトランプ効果のお蔭かな??? アメリカに引きずられて景気は過熱します。ドル高円安で日本にもインフレの波が来るかも??? 株式相場は2万3千円を越し、円安は130円まで!!!  ソフトバンク株は10.000円まで上がるかも!!!

   3.  成長主義から満足主義へ価値観転換の一年に ・・・自民党とアベノミクスが掲げる成長主義は無理です。それよりも、生き甲斐や社会の為に役に立つという価値観の転換の一年になると考えています。成長主義は格差と不幸を生むだけということに日本人も気が付いて、幸せを感じられることの喜びが大きな価値だということになるでしょう。カネでは計れない豊かさを求める転換の年。

 4. 多死社会に直面する一年 ・・・65歳を高齢者と云わないようにしようという記事もありますが、70歳からの年金支給を目論む勢力の戯言だよね。超高齢化社会の今、日本人の多病化と多死に加速度が付くでしょう。病院に行かないで済む健康づくりが益々注目される一年に。

 5. 主演俳優のキャストについて ・・・主演俳優はトランプとプーチン、助演俳優として習近平。助演女優にメルケル、そしてタイコ持ち(幇間)に我らが安倍晋三のキャスティング。 

 番外…… プロ野球の優勝チーム予測。  広島・日ハム共に連覇なし、セリーグは「横浜ベイスターズ」パリーグは「ソフトバンク・ホークス」

 カンボジア・アンコール遺跡にある「女神のレリーフ」。東洋のモナリザとも称される謎めいた微笑みは永遠の時を超えて私たちを魅了してやみません。

 悠久の時を超えて、カネや時間に縛られて生きる現代先進国の私たちを憐れんでくれるかのようです・・・。

 今年こそ、「今だけ・・・カネだけ・・・自分だけ」というライフスタイルに訣別して、豊かに暮らすことを目指してみたいものですね。