NHKの朝ドラ「マッサン」はまずまず好調の出足のようですね。

私は「ゲゲゲの女房」から朝ドラにハマりまして・・・やはり「あまちゃん」「ごちそうさん」も良かったですねー

朝の7時には出社して8時に朝ドラ見るのが日課みたいなものになってしまいました。

そんな中で、現在の「大阪編」では印象に残る言葉がいろいろと出てきます。

関西というと・・・やはり、「やってみなはれ」「やりなはれ」というのが前向きで関西らしい言葉だと思います。

私がBECKを立ち上げる時に、背中を押してくれた人たちがいます。 「やってみなはれ」ということですね・・・。

その人たちは、男性ではありませんでした。男の友達や父親は「失敗したらどうするんだ!」 というばかりで「会社を辞めるな」という言葉しかなかったですね。

私を信じて背中を押してくれたのは、今は病床にいて私のことも判らなくなった育ての母と妻の二人でした。この二人の後押しが無ければ強行していたかどうかは判りませんね・・・。

サラリーマンしか経験のない人たちには理解は出来ないことかもしれませんが、社会を活性化させるのは新しい風を吹かせることだと思います。

男よりも女の方が度胸はあるものだと思うし、やはり男性は女性に頭が上がらない存在であると思いますね・・・。

無謀な挑戦をすることは止めなければなりませんが・・・勝算があることや誰も挑んだことのない世界に挑むことは素晴らしいことと思います。

「やってみなはれ」!!! 私も誰かの背中を押せる人になりたいものですね・・・。