北朝鮮問題で俄にクローズアップされてきた朝鮮半島危機ですが、高校教育の無償化に朝鮮学校が含まれるかどうかに関する裁判が進行しています。

7月に大阪地裁で、朝鮮学校を差別してはならないという判決が出ていました。つまり、朝鮮学校も税金を使って救済せよということですね。

今回の東京地裁では、朝鮮学校を無償化指定するには無理があるという判決。まったく真逆の判決であったわけです。

関西と関東という地域の差でもあるのかな???

私の意見は、朝鮮学校に通う子供たちには気の毒ですが税金で救済する理由は無いと考えています。

朝鮮総連(北朝鮮)の資金源になる危惧もありますが、何よりもその歴史に対する偏向教育がひどすぎると考えるからです。

考えてみたら、中国・韓国・日本にはそれぞれの自国が主張する歴史教育なるものが存在しているわけです。何処まで行っても平行線の見解・・・。

日本にも問題がありますが、朝鮮学校が教えている内容を考えたら日本国の税金を投入するなんてもっての外だと考えます。

そもそも、これを言い出した旧民主党のバカ議員たち(名前を挙げると菅直人)の愚かさは民進党に変わった今も相変わらずなわけで。

朝鮮学校でのミサイルや核武装に喜ぶ首領様を崇める教育をやらせているところに税金投入なんてふざけるなとジジイは叫びたい

先週の週末は古都鎌倉を歩いて参りました。明月院にある「花想い地蔵」。これを見て怒りを鎮めましょうね(^^;

鎌倉で戴いた「割子蕎麦」と「鎌倉ビール」。古都は何処までも優しく、どこまでも静かな佇まいでした。