2011年3月11日、日本人が否応もなく大災害に巻き込まれた記憶のときから8年が過ぎました。

アジアの有名リゾートである「プーケット島」も2014年12月に津波に襲われていました・・・。

普段は静かな海が牙を剥く「津波」の恐怖・・・。荒ぶる地球に住む私たち人類の宿命かもしれません。

多くの犠牲者とその家族の皆様、苦難の道を歩んだ被災者の皆様、苦悩が続く自治体の方々・・・皆様の苦難に少しでも元気を差し上げられたらと思う日々です。

さて、今年の最大の課題として現在取り組んでいることを書いてみます。それは、株式会社BECKとして海外に拠点を持とうというものです。

私たちは、12年間にわたり技術系専門人材のライフマネジメントをやってまいりましたが・・・その経験を活かしてアジアの大卒、高度な専門技術を有する人々を日本の企業に紹介する新たな取り組みを開始しようと考えています。

対象は、中国・台湾・ヴェトナム・フィリピン・バングラデシュ・インドまであるかもしれませんね。

いよいよ4月からの入国管理法緩和・・・まずは、かなり危ない危うい人たちが大挙して押し寄せるイメージしか湧いてきませんが(^^;

先を見据えて、長いスパンで考えて行こうと思っております。アジアの熱い風に・・・向かいたい春ではあります。