phuket-089.jpg

 梅雨入りした関西から戻りました。時間が経つのは本当に早いですねー 気分はまだまだプーケットなのでリゾート島の思い出を続けます。

 タイではどこにでもある屋台村ですが、いろいろなものを売っています。訪れたバザールでは「果物の王様」と云われる「ドリアン」が売られています。食べるには旬らしいのですが・・・・天使の味覚ながら悪魔の臭いというドリアンは今回も食べることができなくて「グルマン」を自称する私的には心残りがありました。

 phuket-086.jpg

 ビックリしたのが屋台のあちこちに登場した新勢力「すし屋台」ですね。この暑い国で屋台にすし??? うーん 免疫力に開きがあるとはいえ、勇気のある出店ですねー
 
 日本では「レバ刺し」すら禁止という体たらくですが、この国はあくまで「自己責任」。 考えてみたら「自己責任」が海外では圧倒的に主流派であり、役所が何でも口出す国って日本くらいだなーと思います。 

 役所に管理してもらわないと何もできない体質の国民性から早く抜け出さないと世界は歩けないし生きられないかもしれませんね。

 phuket-091.jpg

 バザールで人ごみの真ん中で大の字になって寝る二匹の犬を発見!!! おー我が家の愛犬と同じ「シーズー」もいるじゃないか! これはどうしたんだーって よーく見たら・・・

 二匹の首につながれている「賽銭入れ」に注目ください。彼らは単に寝ているだけじゃないんです。「物乞いする犬」だったんですねー 

 ピクリとも動かぬ二匹の犬には感心するやら呆れるやら・・・・

 そういえば、泊まったホテルにいた犬たちが海に入って漁をする場面も見ましたからこの国の犬たちはサバイバル的には大したレベルにあると感心しました。

phuket-042.jpg

 犬に負けじと我らが社員の雄姿もアップしときましょう。このクルマに揺られて町からホテルに帰りましたがスコールにはビビりました。